【宮川真那先生によるバレエ講習会】申込受付中!

ワークショップ案内PPT.jpg 

バレエアーツでは2013年7月30日に、宮川真那先生によるバレエ講習会を開催致します。宮川真那先生は、現在、ドイツのカンパニーであるプフォルツハイム劇場にソリストとして所属し、現在多くの舞台でご活躍されています。ぜひ皆様にご体験頂きたく、ご案内申し上げます。

 

Infomation

日 程:2013年7月30(火)午後7時30分〜9時

内 容:バレエ基礎

受講料:1レッスン3,150円(税込)
またはバレエ5回チケット1枠+追加料金1,050円

 

【受講にあたって】

※本クラスはバレエシューズでのレッスンとなります。

※レッスンはストレッチを含んでおりませんので、レッスン前に 各自で行って下さるようお願い致します。

※受講生のレベルによって、クラス内容が変更することがございます。予めご了承下さい。

 

【お申し込み】

バレエアーツ受付で口頭にてお申し込み下さい。受講料は当日お支払い下さい。


上村悠先生による特別レッスンのお知らせ

ワークショップ案内PPT.jpg
来る6月18日(火曜日)、現在谷桃子バレエ団でご活躍されている上村悠さんによる特別レッスンを開催致します。上村悠さんは、全日本バレエコンクール シニア第一位、文部科学大臣賞なども受賞されている素敵なダンサーです。ぜひ、この機会にレッスンにご体験下さい。


■日時
2013年6月18日(火)午後7時30分〜9時

■レベル
バレエ初級(目安:バレエ経験3年以上)

■受講料金
●会員 1レッスン 3,150円(税込)
バレエ5レッスンチケットで受講される場合は1枠分と追加料金1,050円となります。

●非会員 1レッスン 3,500円(税込)


■受講にあたって
)椒ラスはバレエシューズでのレッスンとなります。
▲轡隋璽肇ラスチケットはご使用頂けません。
6月18日19時30分からの第三課程レッスンは休講となります。


■お申込

●メールでのお申込
infoアットマークballet-arts.jpまでメールにてお申込下さい。

●会員の方はスタジオ受付にて口頭でも承ります。

●お電話でのお申し込みは受け付けておりません。


皆様のお申し込みをお待ちしております。

バレエアーツ


2013年 夏期ロンドン・バレエ講習会のご案内

図2.png

2013年 夏期ロンドン・バレエ講習会
2013年7月4日より、ロンドンにて開催されますバレエ講習会につきましてご案内申し上げます。ヨーロッパから著名バレエ学校教師が集まるバレエ講習会です。

日程:2013年7月4日から7月8日(金)全5日間
会場:ロンドン(イギリス)

レッスン:バーオーソル、バレエ、コンテンポラリー、ジャズ、ヴァリエーション、アイリッシュダンス、教授法

講師:
ジェニファー・グーべ(グーべ・ヨーロピアン・ダンスセンター ディレクター)
ブライアン・ロフタス(アーツエデュケーショナルスクール ディレクター)
ワイン・イーグリン(イングリッシュナショナルバレエ ディレクター)
ヤニック・ステファン(パリオペラ座プルミエールダンスーズ)
エリーナ・アキモバ(パリオペラ座ピアニスト)


対象:8歳以上(将来プロダンサーを目指す方、現在プロダンサーの方)
※未成年者は保護者同伴でのご参加をお願い致します。 


お問い合わせ:バレエアーツ アカデミー事業部 infoアットマークballet-arts.jp

2013年 夏期ビアリッツ国際ダンス講習会のご案内

図1.png

2013年 夏期ビアリッツ国際ダンス講習会

2013年夏にフランス・ビアリッツにて開催されますバレエ講習会につきまして、ご案内申し上げます。世界中より著名バレエ学校、バレエ団のダンサーや教師が集まるバレエ講習会です。講習会最終日には公開パフォーマンスがあります。

日程:2013年8月4日(日)から8月9日(金)全6日間
会場:ビアリッツ(フランス

レッスン:バーオーソル、バレエ、コンテンポラリー、アダジオ、ヴァリエーション 


講師:
カロル・アルボ(パリオペラ座エトワール・学校教師)
リエンツ・チャン(ローランプティアシスタント・ミラノスカラ座バレエマスター)
アンドレイ・クレム(パリオペラ座学校教師)
イザベル・エルナンデス(マルセイユ国立バレエ学校教師)
ベアトリス・ルジャンドル(パリコンセルバトワール教師)
クレールマリ・オスタ(パリ国立高等学院校長)
ソフィー・サロット(ミラノ・スカラ座講師)
ウルツィ・アラムブル(アトリエ・キリアン)
ドミニク・コルドマン(アトリエ・マランダン)


対象:8歳以上(将来プロダンサーを目指す方、現在プロダンサーの方)
※未成年者は保護者同伴でのご参加をお願い致します。


お問い合わせ:バレエアーツ アカデミー事業部 infoアットマークballet-arts.jp

渡部美季先生バレエ講習会 【日程変更のお知らせ】

 CIMG1831.JPG
1月25日(金)に予定しておりました【渡部美季先生によるバレエ講習会】は、やむを得ない事情により、日程を変更致しました。
お申込頂いた方、また受講をご検討中の方には大変申し訳ございません。
どうかご了承下さいますようお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【振り替え開講日】
渡部美季先生によるバレエ講習会

日 時:2013年2月8日(金)午前10時〜11時30分

レベル:基礎(大人)

受講料:3,000円(税込)※受講当日にお支払い下さい。

お申し込みはメールまたはスタジオ受付にてお願い致します。
メール:infoアットマークballet-arts.jp


お申込期限:2月5日までと致します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆様のお申し込みをお待ちしております。


バレエアーツ

海外バレエ講習会リポート【フランス・パリ・アカデミーシャプタル】


写真 2013-01-21 14 06 34.jpg写真 2013-01-21 14 06 23.jpg

フランス、パリにあるアカデミー・シャプタルよりリポート第二弾です。

今回はモニク・アラビアン校長に辻がインタビューしてきました模様をお伝えします。



Q. アラビアン先生がバレエの指導者になられた経緯を教えて下さい。

A.
 子供時代に先生の計らいで、レッスン中に度々お友達とお互いを直す機会があり、その頃から見る目や言葉の才能がありました。ダンサーを引退してから、助手として下積み以降30年教え続けています。


Q. どうすれば世界的一流ダンサーやエトワール(パリオペラ座最高位)を育てることができますか?

A.
 エトワールになれるかどうかは子供のころから決まっています。生まれ持った優雅さ、目の力、存在感などの資質が必要です。世界的ダンサーを育てるためには、開いた脚、美しい甲、正しいプレスメントを身に付けさせ、動きのつなぎや機敏さ、柔軟性を養うよう、可能性のある子にはそれなりに指導しなければなりません。


Q. ダンサーにとって大事な時期はいつですか?また、その時期に指導者はどのような配慮が必要ですか?

A.
 全ての時が大切です。例えエトワールになっても、です。しかし学年が上がり、完成に向かえば向かうほど難しくなるため、励ましながら行います。


Q. アラビアン先生の今後の夢をお聞かせ下さい。

A.
 もう一度生まれ変わってダンサーになりたい!


Q. アラビアン先生が指導をされる際のレッスンポリシーを教えて下さい。

A,
 2つあります。先ずは、本当のことを言うこと。つまり、間違えていたら間違えている、正しいことは正しいということです。もう一つは頑張りが見える子は励ますことです。


Q. エトワールになるための条件は何でしょうか?

A.
 年代や役にもよりますし、言葉には出来ないところもありますが、プルミエールダンスールで与えられた役を好演し評価されたり、長い手足やテクニック、音楽性や観客を感動させられる表現力などが必要です。


Q.
 バレエダンサーの社会的役割は何でしょうか?

A.
 私の学校は私立のバレエ学校ですから、誰でも入学できます。しかし、みながバレリーナになるわけではないので、バレエを通して挑戦することや、まじめに継続すること、意志を強く持つことを教える人生の学校だと思っています。
それが社会に出たときに役立つと思っています。
(補足:オペラ座を目指す子どもたちは個人レッスンでの指導も受けています。)


Q. 日本人がダンサーとして世界に誇れることは何でしょうか?

A.
 真面目で、注意したことを翌日まで覚えていることや、熱心に練習することです。これらはとても大切なことです。


Q. 日本人が世界的に活躍するダンサーになるためには何をすればいいでしょうか?

A.
 脚、とくに膝の伸びを身に付けることと、脚を開く(いわゆるアンデオールする)ことが重要です。


Q. 
世界で活躍する日本人ダンサーを育てるには何が必要だと思いますか?

A.  
プレスメントが一番大切です。それからポジション、腕の使い方、呼吸などを、厳しく細かく、でも笑顔で励ましながら指導すると良いでしょう。子供には、正しい見本をどれだけ見せても足りません。伝わりやすい言葉で、身体の動かし方を分からせることや、時には触って直すことが大切です。


Q. 指導者に一番必要なことは何ですか?

A.
 忍耐と情熱です。 ・・・同じことを何度も何度も言い、最終的には言わなくてもやらせなくてはいけないのですから!


Q. 若い指導者がこれから学ぶべきことは何でしょうか?

A.
 言葉です。(2つ前の回答に戻る)見本や1つの言葉では伝わらないことがあります。分からせることの出来る言葉を学ぶ必要があります。そして、すべてを与える勇気と忍耐が必要です。

写真 2013-01-21 14 06 31.jpg写真 2013-01-21 14 06 13.jpg





渡部美季先生によるバレエレッスン 1月11日レポート

1月11日に渡部美季先生によるバレエ講習会を開催致しました。

 CIMG1831.JPG

基礎レベルのレッスンで、正しい脚の動きや、意識ポイントをご指導頂きました。

CIMG1830.JPG

手足の動きはセットで覚える、と先生がおっしゃっていました。
また、回転のコツもたくさん教えて下さいました。

CIMG1837.JPG

次回は1月25日(金)午前10時〜11時30分「基礎レベル」となります。
レベルは初級ではなく、基礎に変更致しました。
お申込み受付中です!

ぜひぜひご参加くださいませ!!

バレエアーツ

海外バレエ講習会リポート【フランス・パリ アカデミーシャプタル】

2012年12月26日から5日間にわたって、フランス パリにあるアカデミー・シャプタルにてバレエ講習会が開催されました。バレエアーツより辻玲が参加しましたので、その模様をリポート致します。

本講習会を開催したアカデミー・シャプタルは、毎年数多くの生徒をパリ国立オペラ・バレエ学校及び、パリ国立高等音楽院等に合格させる実績を誇り、卒業生には現在エトワールとして活躍するダンサーも多くいます。本講習会では、卒業生の現役ダンサーも含め、レベルの高い講師がクラスを指導しました。

 

【モニク・アラビアン】 

アカデミー・シャプタル校長。本講習会ではバーオーソル、バレエ初級担当


【カロル・アルボ】

パリオペラ座エトワールとして活躍後、パリオペラバレエ学校教師。本講習会ではバレエ中級、バレエ上級、ポワントを担当


【シリル・アタナソフ】

パリオペラ座エトワールとして活躍後、フランスにおける教師の国家資格試験の審査員、パリ国立バレエ団の入団試験の審査員も務める。本講習会ではバレエ中級、バレエ上級を担当


【イザベル・シアラヴォラ】

パリオペラ座の現役エトワール。本講習会ではヴァリエーションクラスを担当

 

クラスは毎日午前8時40分から午後7時20分まで行われ、バレエクラスの他にバーオーソルやバリエーションクラスが開催されました。参加している受講生は、パリオペラ座バレエ学校の生徒が多く、その他にパリオペラ座ダンサーやプロダンサー、小学生から成人まで幅広く集まっていました。

今日はシリル・アタナソフ先生の中級レベル、センターレッスンをリポート致します。バレエクラスはすべて90分で、今回は45分間のセンターレッスンを抜粋してご紹介致します。

 

※はキーワードや先生のアクションです。

注:フランスではタンジュは脚を伸ばすことをいい、足を出すことはデガジェと言います。

 

■デガジェ4拍子

5番から(デガジェ 5番プリエ)前後横はタンリエ 5番 横×4 ジュッテ×4 RL アンダーも

※音とり方や身体の方向を正しく

 

■アダジオ3拍子(ドルシネア)

デベロッペアラスゴンド ロンドジャンブS×2 アラベスク クペ パドブレアントルナン デガジェ横 クロワゼドゥバンまでロンド パッセ(=シャッセ)アラベスク プリエ パドブレ)左も 2回目はエカルテドゥバンから反対も行う


■ピルエット3拍子

5番から デガジェ前+手4番 タンリエ乗り換え+手1番 クペ+手4番 パドブレ 4番ピルエットアンデオール 4番 ダブルアンデオール5番)左も 繰り返し

※回転:クロワゼでプレパレーションして、ルティレは90度回ったところ(膝がエカルテに出る)

※ドゥミポワントのとき「押す」

 

■プチソー2拍子

5番からシャンジュマン×4 プティルティレ後ろ前 クペ アッサンブレオーバー)左も 2回目プチルティレ前後ろからアッサンブレアンダーまで


■ソッテ2拍子

5番から エシャッペソッテ ジュッテタンルべ*2 クペ ポゼ(トンベ)前に進むアッサンブレ)RLRL

バッチュでもう一度


■ソッテ4拍子

5番から エシャッペソッテバッチュ プリエ バッチュ プリエ ブリゼ前 後)RL

※エシャッペソッテは前に打って2番に開き、前に打って後に閉じる

※ジャンプはプリエとタンジュ繰り返し

※着地のプリエはビンの蓋をするように


 

■アレグロ3拍子

diagonal 5番ドゥミポワントから 2番パドブレ(最初は右にすすむ) グリッサードアッサンブレ ファイイ 回る 4番 アッサンブレエカルテ5番)左も

※身体の向き


■グラン3拍子(FF

下手アップから上手ダウンに移動 デベロッペドゥバン (シャッセ ポゼ ジュッテ)×2 下手へ 第一アラベスク シャッセ アントルラッセ 改めて左も

※身体突っ込まないで上に跳ぶ(真上ではなく遠くへ行くイメージ)

※アクセントをつける

 

*バレエアーツでは、海外で行われるバレエ講習会のご案内のほか、留学のサポートも行っております。短期間でも、海外でのレッスン受講は素晴らしい経験になります。ぜひご検討下さい。本ページにて、また講習会リポートをして参ります。お楽しみに!

 


グランドフェスティバルゲスト渡部美季先生のバレエ講習会

 2013年1月11日(金)、1月25日(金)に渡部美季先生のレッスンを開催致します。渡部美季先生はベラルーシ国立ボリショイバレエ劇場バレエにて8 年間、主要ソリストとしてご活躍され、ベラルーシ国立ボリショイバレエ学校教師も務められた、大変実績ある先生です。大人のための基礎クラス、初級クラスにぜひご参加下さい。

■日時
2013年1月11日(金)午前11時〜12時30分 基礎(大人)
2013年1月25日(金)午前10時〜11時30分 初級(大人)

■受講料 BA会員 1クラス 3,000円/非会員 1クラス 3,500円

■お申し込み
infoアットマークballet-arts.jpまでご参加希望をご連絡下さい。メールには氏名、メールアドレス、ご希望クラスをご明記下さい。
弊社よりメールにてご連絡申し上げます。


サンドリーヌ先生プロフィール 訂正とお詫び

 

2013年に開催致します「バレエ指導者認定講習会」のご案内チラシにおきまして、サンドリーヌ エノー・ギメ先生のプロフィールに一部誤りがございました。大変申し訳ございません。以下、訂正し、お詫び申し上げます。

正しいプロフィールは以下の通りです。

 

サンドリーヌ エノー ギメ

1978年から1983年までパリ・オペラ座バレエ学校に学び、学校公演ではソリストを踊る。1983年にカドリーユとしてパリ・オペラ座に入団。1986年コリフェ、1989年スジェに昇進。1990年パリ市のコンクールで銀メダルを取る。2005年パリ・オペラ座を引退後、パリ郊外のコンセルヴァトワールでクラシック・ダンスを教え、教師国家資格試験の審査員を務める。2012年からはコンセルヴァトワールに加え、グーベ・ヨーロピアン・ダンスセンターにてクラシック・ダンス、ペタゴジーのクラスを受け持つ。


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
New Entry
アーカイブ
オススメ
オススメ
オススメ